豊富な実習経験
夢への第一歩

本校の大きな特長のひとつが、実習時間の多さです!
調理・パティシエの世界へ憧れはあるけれど、手先が不器用だから出来るのか心配・・・と不安に思う人は少なくありません。

手を動かし、努力した時間こそが大切!日々成長できるような実習中心のカリキュラムです。

豊富な実習経験 豊富な実習経験

実習1170時間・講義750時間
(規定:実習時間420時間)

合計授業時間 合計授業時間01 合計授業時間02

実習時間と調理師免許取得のための規定時間数と比べよう!
調理師免許取得のために国が定める規定時間は、実習420時間ですが、本校は全学科が規定より多いプログラムです。

  • 高度調理技術科(2年制) 約2.8倍 1,170時間
  • 調理技術科(1年制) 約1.2倍の510時間
  • パティシエ・ブーランジェ科(1年制) 約2.2倍の960時間
  • 国際調理ビジネス科(1年制) 約1.5倍の630時間

社会人・料理人としての
マナー

社会人・料理人としてのマナー

本校は、食の分野に携わる者としての
基本マナー
身につけて
卒業してほしいと考えています。

本校は、食の分野に携わる者としての基本マナー身につけて卒業してほしいと考えています。

実習前は挨拶練習からスタート

実習授業は挨拶練習から始まります。日々、学生の元気な声が響いています。

実習前は挨拶練習からスタート

食品を取り扱うための身だしなみ

コックコートや髪形など、清潔感の大切さについて指導を徹底しています。

食品を取り扱うための身だしなみ

レストラン運営で
実践力を身につける

高度調理技術科の2年次のカリキュラムに「レストラン経営実習」があります

本格的なレストラン・カフェを再現し、調理技術からサービス、経営まで学びます。

レストラン運営で実践力を身につける

職業体験実習

就職前にプロの現場で職業体験を経験する実習です。
2つの学科が対象です。

高度調理技術科

1年次から2年次に進級する前の4週間実施します。

パティシエ・ブーランジェ科

夏の期間に2週間実施します。

そのまま就職内定につながることも

毎年、職場体験実習終了後もアルバイトを続ける学生が数名います。そのような経験を評価され、企業から就職内定をいただけることも少なくありません。

そのまま就職内定につながることも

Point

  • 研修を通じてプロ意識を育む
  • 憧れを目標に働く姿をイメージする
  • 現場で必要となるコミュニケージョンを学ぶ
Point