学科紹介

中国料理コース

四千年を超える歴史から生まれた中国四大料理の技法を習得します。

四千年を超える歴史から生まれた中国四大料理の技法を習得します。

北京・上海・四川・広東の中国四大料理を包丁、杓子、鍋など中国料理特有の器具で豪快に調理します。
中国の食文化や調味料、食材などの知識を身につけ、理論に基づいて料理で表現します。

中国料理コースのポイント

POINT01 1年次に基礎技術を身につけ、2年次より専門技術を学びます。

一流の調理師を目指すために、中国料理・西洋料理・日本料理などの基本技術をきめ細やかに指導します。2年次より中国料理の専門技術を身につけ、現場で即戦力として活躍できる人材を目指します。

POINT02 中国料理特有の調理器具で豪快な技術を学びます。

包丁・まな板・杓子(しゃくし)・鍋など中国料理特有の調理器具を用いて前菜、湯菜、炒菜、焼菜、飯、点心などを豪快に調理します。

POINT03 料理に合わせた甜点心(デザート)を学びます。

中国料理のコースメニューは美味しい甜点心で締めます。その時々の料理に合う甜点心の技術もしっかり身につけていきます。

一流の技を授業で学ぶ

日本でも唯一の女性手打ち中華麺職人である原田美穂子先生。
職人の技を授業で学び、中国料理のプロフェッショナルを目指します。

中国料理コース内容

基本調理実習

実習

基礎力を身につけるために中国料理のみならず、西洋料理、日本料理、集団調理、基本調理の実習を行います。

西洋料理実習

実習

北京・上海・四川・広東といった中国四大料理を学び、特徴に合わせた実習を行います。

基本調理実習

製菓実習

実習

料理や季節にあわせた水菓子、甘味を学びます。

2年間のカリキュラム

一年次

一年次

二年次

二年次

次は「日本料理コース」