学科紹介

パティシエ・ブーランジェ科

集中した実習と講義で パティシエ・ブーランジェの世界へ

集中した実習講義パティシエ・ブーランジェの世界へ

製菓、製パン技術を1年間の集中した実習と講義で身につけます。授業総時間数の90%以上が実習といった実践的なカリキュラムで製菓・製パンの基礎から応用、アメ細工・チョコレート細工・シュガークラフト・マジパンといった細工物、さらにオリジナルケーキやパンを創りだす感性を磨きます。色彩やラッピング、ディスプレイの仕方等も学び、より現場が求める人材を育成します。

パティシエ・ブーランジェ科のポイント

POINT01 授業の90%以上が実習

製菓・製パン作りの技術はもちろん、細工菓子(アメ、チョコレート、シュガークラフト、マジパン)の技術も高めます。

POINT02 有名ホテルなどで職場体験実習

在学中に有名ホテルなどで現場のスタッフと一緒に働くことで、製菓・製パンに対する知識と技術を磨き、将来の目標を明確にします。

POINT03 ラッピングなどを学ぶ製菓デザインをカリキュラムに導入

ラッピングやディスプレイの仕方を学び、お菓子やパンをより華やかに演出するセンスを磨きます。

習得するお菓子・パンは・・・製菓125品 + パン165品 + 細工30品 = 合計320品

学びの流れ

2年間のカリキュラム

講義・実習

時間割モデル