【速報】第38回グルメピック(調理師養成施設 調理技術コンクール)東京都予選結果について

東京調理製菓専門学校(東京・新宿)調理師・パティシエ・ブーランジェへの第一歩

社会人・
大学生の方へ

社会人・大学生の方の再進学増加中!!
手に職をつけたい、
好きを仕事にしたい、
やりがいのある仕事をしたい

本校では食糧学院 創立83年の実績によりたくさんの卒業生を「食」の世界に輩出しています。
また現場のニーズを取り入れたカリキュラム・授業も展開しています。安心した学生生活を送るために、サポート制度も用意しています。

頑張る社会人を応援♪

  • 就職率16年連続100%

    本校は長い歴史の中で業界とトリプル就職支援体制で個別にしっかりサポートしています。また卒業後も生涯にわたり、皆様のサポートを続けていきます。転職や再就職などのご相談に応じ、専門のスタッフが親身に対応します。また海外への留学や就職、サポート体制も充実しています。

  • 学生が運営するカフェ・レストラン

    レストラン経営実習でマネジメント力UP!!

    現場さながらの施設で、レストラン運営のシミュレーションを実施します。調理技術だけでなく、将来の店舗経営に役立つマネジメントについて学びます。

  • 入学金10万円減免

    本校独自の制度!
    キャリア支援制度

    2022年4月1日~2023年3月31日付の間の離職を証明する書類を出願時に提出した方は入学金より10万円減免

  • 専門実践教育訓練給付金制度

    学費を強力にバックアップ

    雇用保険に加入しているなど一定の条件があります。受給に関する諸条件・手続きについては、必ず厚生労働省や公共職業安定所(ハローワーク)の資料をご確認ください。

    制度について詳しくはこちら
  • 技術力アップのサポート

    2年間で1,000時間以上を超える実習時間の多さや、放課後毎日開かれている「フリートレーニング」では希望する学生への個別指導を行い、技術力の向上をサポートしています。各種コンクールへも積極的に参加し、功績を残しています。

  • 東京の中心地という好立地!!

    日本最大のターミナル駅「新宿駅」西改札から徒歩5分の立地にあり、通学の面でもとても便利です。首都圏は勿論、全国から入学生が集まっています。放課後は、アルバイトをするにもお店がたくさんあるので充実しています。

Student’s Voices

「社会人」の方ならではの学校生活や勉強に関する疑問の答えを、先輩へのインタビューで見てみよう!

  • 先生のサポートもあり、毎日充実した学校生活を送っています。

    調理とは全く違う分野の仕事をしていましたが、人が生きていく上で「食」は無くてはならないものだということを実感し、多くの方々の「食」をお菓子で彩りたいと考え、専門学校への進学を決めました。パティシエ・ブーランジェ科は1年間集中的に学ぶことができ、整った環境の中で毎日様々な製菓・製パンの実習を行います。そして、先生方は高い技術を持ちながらも、優しくフレンドリーで気軽に質問や相談をすることができます。仕事を辞めることに多少不安はありましたが、思い切ってやりたい事にチャレンジし、好きなことを職業にする為の様々な経験ができ、今とても充実しています。

    会社員を経て本校に入学

    倉持 渉さん パティシエ・ブーランジェ科

  • クラスメイトは年齢・国籍問わず親しく接してくれ、刺激を受けながら学べています。

    高校時代から調理の分野に興味がありましたが、部活を続ける為に大学へ進学をしました。しかし、就職活動する際にやはり自分の手で料理を作りたいという思いから専門学校への進学を決意しました。入学前オープンキャンパスに参加した際に感じたことは、先生方と在校生の距離が近く、皆が生き生きとした表情でとても明るかったこと。そしてキャリア支援制度が利用できることが本校を選ぶ大きな決め手となりました。調理技術科は1年間。あっという間の期間ですが、その中で多くの知識と技術を身につけることができます。また、クラスメイトは、様々な年齢や国籍の方がいて、刺激を受け合いながら成長できるのも魅力です。

    日本大学卒業後、本校に入学

    永野 琴乃さん 調理技術科

学校の雰囲気を
チェックしよう!

お忙しい方は、
まず資料請求

資料請求はこちら