フランス研修留学

フランス研修留学

フランスには世界中から料理人やパティシエを目指す方が集まります。そのような仲間とフランス食文化に触れ、多くのことを吸収するために1年間、フランスのホテル、レストランにて研修を行います。現地の食文化や食材に触れ、調理法を学びます。また、語学の勉強もします。

様々な形で学生をサポートします!

Point

1
低予算

往復の航空機費用、1年間の傷害保険料、現地でのケア費用などで約70万円の低予算で1年間の海外研修留学に参加することができます。研修留学先では給与も発生します。まかないも出るので実質、滞在費はかかりません。

低予算
低予算 研修先は一流の場所

Point

2
研修先は一流の場所

2004年から始めたこの制度のフランス研修留学先は、現在星付きホテルや老舗のレストランなど一流企業の10箇所以上と提携を結び、研修しています。毎年多くの学生が希望しています。

研修先は一流の場所

Point

3
現地スタッフ

フランス研修留学には現地日本人スタッフがおり、2週間に1度、情報交換とフランス語 会話練習を開催しています。また、フランスでのサポートや書類申請などの細かいサポートもしてくれるので安心して1年間の研修留学生活を送ることができます。

研修留学までのステップ

研修留学までのステップ

高度調理技術科(西洋料理/調理 パティシエコース)を専攻した学生は、1年次の基礎調理を学んだ後、本場フランスにて1年間研修留学に参加出来ます。研修終了後は復学して専門課程の技術と知識を習得します。卒業後、海外に進出した先輩もいます。参加条件は高度調理技術科の学生、日本国籍所有者、18〜30歳(申請時の年齢)です。校内選考を実施します。

研修留学までのステップ

留学した先輩の声

留学した先輩の声

料理人としても
人間としても成長できました

Kさん

本場フランスで勉強したいと思い、海外研修プログラムを希望しました。現地では、料理の最初に出されるアミューズ、前菜のアントレ担当でした。職場の方たちは、言葉の通じない私に何度も優しく説明してくれるなど、とてもフレンドリーでした。1年で料理とはその土地・人・食材などの相性によって生まれてくるものだと実感しました。親元を離れ、異国で生活することで、生活力もつき、料理人として、人間としても成長できたと思います。もう一度、フランスで勉強し、最終的には本格的なフレンチを楽しんでいただけるお店を開きたいです。

研修留学先 : クロデセンス(アヌシー地方)
Kさん
高度調理技術科 西洋料理コース / 東京都立紅葉川高等学校出身

Kさん

活躍する卒業生

特別な思い出が提供できる素敵な仕事

食の文化や常識について多様な価値観を学びたいと「留学」を希望していたので、東京調理製菓専門学校を選びました。高校時代から語学を勉強していたこともあり、フランスでは、お客様やスタッフとの会話に困ることはありませんでした。また留学を経験し、考え方が柔軟になったと感じます。
今の仕事についたのは、卒業後パリで働いていた時の人脈で、オーナーの「地域に根付いた・畑のイメージを料理にしていく」というスタイルに共感したからです。この仕事の魅力は生活に重要な「衣食住」の「食」を担え、ただ食べるものを提供するだけでなく自分の料理やもてなしによって「特別な思い出」を付け加えられることです。人の人生の一部に入り込める素敵な仕事だと思います。

高度調理技術科 2015年卒
Mさん
兵庫県立東播磨高等学校出身

Mさん
レストラン ビオス

畑とつながったレストラン「レストランビオス」。昔から農時歴として親しまれた24節気をもとに、季節の野菜を主役としたメニューをお楽しみいただけます。

静岡県富士宮市大鹿窪939-1
※ご利用の際は、JR身延線【西富士宮駅】が便利です。

レストラン ビオス
レストラン ビオス

卒業後はアメリカ研修も可能

卒業後はアメリカ研修も可能

J1研修ビザを取得して、1年間フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにある、世界最大規模のホテルにて調理の研修を行います。グローバルなアメリカンホスピタリティービジネスをバンケット調理の職場を通じて体験します。週40時間労働・週休2日。時給8ドルから支給あり。英語力は中級レベルが必要です。