東京調理製菓専門学校(東京・新宿)調理師・パティシエ・ブーランジェへの第一歩

Topics

🌍海外研修留学プログラム・リアルレポート✈

高度調理技術科の在校生がフランスで1年間研修留学できる制度「海外研修留学プログラム」!留学中の学生から留学レポートが届いたのでご報告いたします!

📄2023.11月頃のリアルレポート公開🔍

✨注目レポート✨

👩‍🍳担当の先生から印象的なレポート内容があったとの事で、一部抜粋してご紹介します。

 

【学生レポート(一部抜粋)👦】

28日にCafé des Muséesでの最後の仕事をしてきました。昼の営業が始まって「今日でみんなと働けるのも最後かぁ」って思っていたら突然涙が出てしまいました。みんなと離れることの寂しさやここで多くを学べたことの感謝が混ざってグッときました。仕事で働いて泣くなんて思ってもいなかったのでそれだけ素晴らしい半年を過ごせたのだと心から思います。次の場所での半年間も身につけたことを活かし学べることの全てを吸収していきたいと思います。

 

【T先生コメント👩‍🍳】

私は留学する全ての学生がこのように感じ、人生の宝物になることが願いです。フランスで生活をし、仕事をすることは成績だけでは測れないものが多々あります。留学環境を整えるのは学校の役目ですが、現地でどのように過ごすかは本人次第です。その気構えを留学する前にしっかりと考えてほしいです。

 

🛫留学レポート(一部抜粋)🌍

1.🥘現在の仕事内容・達成度は?

Yさん…ケーキのデコレーション 仕込み 掃除

Oくん…9月いっぱいでホテルの今期営業が終わり、6時半過ぎ出勤で行っていた朝食が終わってディナーに向けて14時出勤になりました。カナッペ仕込み、ピッザスフレ オリーブとイワシのサラダ、小エビのタルト、蟹のゼリー寄せ仕込み、AB Champion 仕込み、茸のバター炒め~卵バターソース~仕込み等

Tくん…店に納品された魚(saumon、cabillaud、オンブリン、maquereau、turbot、langouste)鳥(canard、Caille、poulet、内蔵をとるとこまで)は休みの日を除いてほぼ全て自分が捌きます。
ニョッキ作り、ガルニチュールの準備、営業準備、営業時はEntréeとDessert全てとPlatの手伝いをやっています。
店のCuisinerが少ないので全体の80%はやらせてもらっています。日によってキッチンは自分とシェフの2人で回す時もあります。

  

2.🛕フランスの文化を肌で感じ、どのような感情を抱いたか?

Sさん…フランス人の方たちはとても気さくでおおらかな人たちが多く、買い物をする際でも店頭に入ったらまず挨拶を、購入し退店する時にも挨拶を欠かさないところがまた日本と違った文化だなと毎回感じます。またそこからもコミュニケーションをより大事にしているように感じます。街中でもレストランやカフェのテラスで漫談している姿や、仕事の休憩中でも色々な話をしており、我々日本人よりもより多くのコミュニケーションを取っており、話すことをとても大事にしていると感じそれは私たちにも必要なことだなと思いました。

Oくん…挨拶の際のスキンシップや幸運を祈りあう所などは日本にはない良い所だと思う
・列に並ぶってことをしないし公共の場の人に文句を言う人が多いし自分が良ければ良いって思ってそうな人がいっぱい居る
・タバコを吸う人、ゴミが多すぎる
・公共交通機関が時間にルーズ

Hさん…フランスに来て日本との違いに驚くことはありましたが私は日本より居心地がいいと感じます。他人にも優しくバスであった方とお話しするなど楽しい時間が多くありました。  カルチャーショックとしてお夕飯の時間がなかなか遅く長い時間食べているということです。夜19時くらいからワインとつまみを食べ20時30分くらいからやっとご飯を食べ始めます。フランスの方は楽しくお話をしている時間がとても重要だそうです。

 

3.🍰仕事・料理に対してどのように、向き合っているか

Sくん…時間内に仕込みを終わらせること。サービスは素早く丁寧にまた時間効率を考えて手順を自分で考える。

Nくん…お客様に出すものでお金をもらってる以上最高のものを最高の状態で出せるように意識しています。

Oくん…秋からは夏よりもいろんな作業をさせて貰うことが増えたので何を先にやったら早く、衛生的か考えながら仕事をする。適切な包丁の動かし方を改めてしっかりする。将来の自分の料理または近い話だと卒業作品に活かせるものを常に探して毎日良く見ている。

 

4.👍フランスで感動したこと

Tくん…歩いていて楽しいと思わせる街並み、エッフェル塔の上から見た時の綺麗に整えられた街並み、街を歩く美男美女の多さ、自分の意見をしっかり聞いて尊重してくれる態度。

Yさん…自分の意見をしっかり持っていて、シェフに対してインターン生であろうとみんな平等に意見を言い合える環境は、上下関係の厳しい日本ではあまりないことなので素敵だと思う
不機嫌になっても数分後には何事もなかったかのように笑顔で話しかけてくるので、不機嫌な時に少し厳しく言われても気にせず聞き流すくらいが丁度良い

Yさん…母と兄がフォンテーヌブローに来て、ラクセルにも食事をしに来てくれた。シェフのサプライズで私も一緒に食事をさせていただけた。普段自分が作ってるものを実際食べてみるとまた全然感じ方が違いとてもいい経験になった。
最終日シャンパンで打ち上げをし、プレゼントまでいただけた。シェフと話ができる機会があり、これからの事について色々アドバイスをしていただけた。

 

5.🙆‍♀️フランス語レベルは?

Hさん…お店などでも店員さんの言っていることがわかるようになってきたのでこれからはもっとたくさんの方と話してフランス語力をあげていきたいです。

Kくん…言ってることはなんとなくわかるけど答えが文章で返せない。

Sさん…指示は分かるようになり、休日の買い物などもスムーズに行えるようになった

 

6.🌈休日の過ごし方

Oくん…この秋はレーザーシューティングとトランポリンの施設に他のフランス人の研修生と行ったり、1人でモナコにサッカーを観に行きました(日本代表の南野選手)

Sさん…最近は同じ学生たちでバーに行ったりご飯を食べに行ったり、1人で買い物したりして過ごしている

Nくん…パリまで行きビストロやレストランに行き食べ歩きなど、遠出して観光したりしています。

 

7.🙄今の悩みや相談事など

Yさん…夏は冷房がなくて辛かったし今も暖房がつかなくてすごく寒いです笑

Oくん…荷物がパンパンです

※今回は、特になしと回答する学生がほとんどでした

 


半年の期間を終えての研修レポートでした。研修先によっては、途中施設を変える研修先もあります(1年間同じ方もいます)が、新たな研修先でも学びを深めてほしいですね!留学中の学生の皆さん応援しています🥰✨