本校の特長

本校の特長

東京調理製菓専門学校では“作る楽しさ、食べる楽しさ”を大切にしています。社会に出て、最も役立つ“基本”を徹底し、技術や知識を磨き、いつの時代でも愛される料理を作る調理師・パティシエを目指します。

東京調理製菓専門学校では“作る楽しさ、食べる楽しさ”を大切にしています。社会に出て、最も役立つ“基本”を徹底し、技術や知識を磨き、いつの時代でも愛される料理を作る調理師・パティシエを目指します。

海外研修プログラム

フランス、アメリカへ1年間渡って、調理技術を磨きます。本場ならではの食材と調味料を活かした調理法を学び、日本と異なる食文化に触れることで、新たな価値観を生み出すことができます。

詳しくはこちら

レストラン経営実習

学生がプロデュースするカフェ・レストラン。調理・テーブルサービスに加え原価計算や利益率も求め、経営に必要な技能を習得します。クラス単位で営業を実施するため、協調性や責任感が身に付きます。

詳しくはこちら


職場体験実習

在学中に有名ホテル・結婚式場にて職場体験を実施することで、将来のビジョンを明確にします。現場のスタッフと共に働くことで、仕事内容や現場の雰囲気を確かめることができます。

詳しくはこちら

基本技術を高める カリキュラム

一流の調理師を目指すなら、やはり調理の経験を積むことができる実習はとても重要。本校のカリキュラムは、1年次の実習時間は390時間。さらに2年次は780時間を設定しています。パティシエ・ブーランジェ科については授業の90%以上が実習授業です。実習時間の長さは確かな技術に繋がります。
※学科により、一部異なります。

詳しくはこちら


一流のシェフ・パティシエから学ぶ

現場経験が豊富なシェフ・パティシエの指導を受け一流の技を習得します。就職してからの即戦力となるようしっかり身につけます。

詳しくはこちら

創立76年の伝統が 誇る就職実績

本校では、毎年高い就職率を誇っています。授業にキャリアデザインを導入し、履歴書の添削・面接指導などを行います。また卒業生たちが、様々な分野で活躍することで繋がるネットワークが多岐にわたり、就職活動をサポートします。進路指導課とキャリアセンター、担任との綿密な連携で、希望の就職へと最大限バックアップします。

詳しくはこちら